スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やさい通信5月31日号

本日の「私のやさい畑」は、下記の5品目です。
    
■小比企町の鈴木さん         
    大根
    水菜
    小松菜
    キャベツ

■館町の田中さん     
    スナックエンドウ

スナックエンドウ



スナックエンドウ

  6月6日は芒種(ぼうしゅ)です。稲や麦など芒(のぎ)をもつ穀物の種をまく時期とされています。梅雨入りの頃で田植え時期です。実際には田植えはもう少し早まっています。

 高生連からは、田植えは終わりましたが穂の伸びが悪いという連絡が入っています。今年の天気は作物に影響を与える程の低温状況が続いています。

 先週は木曜日だけ、キヌサヤが入りませんでした。急きょネギに変えましたが、葉たまねぎとネギでは、似ている感が強いので心配でした。朝の慌ただしい時にネギに変更してお届けいたしました。

 まだ寝ているときの電話でスナックエンドウに変えたいという連絡でした。スナックエンドウは鈴木さんからのが、入りますのでネギにしました。頭はよく働いていませんで、家に電話されてもわからないことが多いのですが、スナックエンドウが、2包みになったら困るという回路が作用して事なきを得ました。

 今回は、田中さんのスナックエンドウです。筋を取ってさやごと食べるエンドウです。塩ゆでしてサラダや炒めもの、和え物、天ぷら、パスタ料理などで食べます。
 

小松菜

 初夏の小松菜です。夏の葉ものは虫食いが多く、難儀しますがこの時期に無農薬小松菜は嬉しい限りです。アクが殆どないので下茹でなしで使えます。おひたし、煮びたし、和え物、炒めもの、みそ汁の実などでお召し上がり下さい。

 小松菜は、東京で自給出来る野菜です。良く京菜という呼び方をする野菜がありますが、これは関東野菜と言っても過言ではありません。東京の雑煮には必ず入ります。冬が旬ですが、マルチなどをかけて夏も収穫することが出来ます。夏の小松菜としては最後の収穫になるかと思います。


水菜

 すっかりサラダ野菜として定着しました水菜です。生食した時、シャキシャキとした歯触りが人気のポイントです。和え物にしたり、炒めたり、パスタに入れたりと生食以外の調理でも楽しめます。

 サラダはドレッシングやマヨネーズをかけますが、私はよくゆずポン酢をかけて食べます。サッパリと美味しいのでお試し下さい。生は苦手という方に向けた一品。オリーブオイルをフライパン入れ、みじん切りのにんにくを炒めて香りを付けます。豚肉を入れ良く炒め、塩コショウ、切った水菜を加え、ゆずポン酢を回しかけます。これもお試しください。 



 宜野湾市のアメリカ軍普天間基地は、名護市辺野古周辺に移設と日米共同声明が発表されました。辺野古地区の水域に1800メートルの滑走路を設置するそうです。腹案があるなどと期待を持たせて辺野古なら、この10ヶ月ほどの期待感は何であったのでしょう。ヘリコプターの訓練を県外にして、沖縄への負担軽減を伴うと言われても、これでは具体策とも思えないのです。負担軽減の発言もあったのもではありません。

 政権が変わり、長い目で見ようとしていた人たちをこれでは裏切るものです。基地を減少する良いチャンスでした。チャンスは振り向いて掴もうとしてもつかめません。向かってくるチャンスを両手で捕まえなければ一瞬に失われてしまいます。
スポンサーサイト

やさい通信5月24日号

本日の「私のやさい畑」は、下記の5品目です。

■小比企町の鈴木さん         
   トマト
   キャベツ
   スナックエンドウ


■館町の田中さん     
   キヌサヤ
   葉たまねぎ



葉たまねぎ  

 5月28日は満月です。満月の日を今年は、必ずお知らせしていますが深い意味はありません。只、昔から満月や新月は生命体の生死と関係があると云われています。科学的根拠は知りませんが、伝承されていることは、あながち無視出来ません。

 葉たまねぎは、たまねぎの若いうちに葉をつけたまま出す早どりのたまねぎです。葉ごと食べます。たまねぎや長ねぎよりも柔らかく、クセがないので、ねぎが苦手な方でも食べやすいかと思います。

 おすすめは茹でて酢みそ和えです。その他、炒めもの、煮もの、パスタ、卵とじ、みそ汁の実、等々でご利用ください。
 
 犬や猫などには、たまねぎを与えてはいけないと云われています。たまねぎが体内に入ると、成分のイオウ化合物が中毒を引き起こし、血液中の赤血球が破壊されるそうです。人間には赤血球の破壊を防ぐ物質があるので、たまねぎを食べても大丈夫なのです。

 コアラはユーカリの葉を食べます。他の動物はユーカリの毒を消化できないので食べませんが、特権でコアラは食べることが出来ます。人間はたまねぎを消化できる特権を持っています。たまねぎが食べられなければ、カレーもハンバーグもメンチカツも肉じゃがも食べられません。

 今日は人に生まれた幸せを葉たまねぎを食べながら実感してください。


スナックエンドウとキヌサヤ

 どちらも筋を取って鞘ごと食べるエンドウです。キヌサヤは薄くスナックエンドウは厚みがあります。どちらもサラダにする場合も茹でてから使います。沸騰した湯に塩を入れ、やや堅めに茹で、ざるにあけ団扇などであおいで冷まします。

 エンドウが2種入りましたが、今の時期にしかないので(特に地元産は)時期を逸しないように入れました。スナックエンドウはサラダや炒めものに、キヌサヤは天ぷらや卵とじにと使い分けて初夏のグリーンをお楽しみください。



 宮城県で口蹄疫が広まっていると報じられています。牛から豚にまで伝染し10万頭以上の牛や豚が殺処分の対象になるようです。これはパニックになるような出来事です。空気感染し伝播力が強いウイルスのようです。BSEと違って肉を食べても問題ないと云われ、人には感染しないそうです。これは現時点化での根拠で将来も保証されるものではないと私は考えています。

 手塩にかけた家畜を殺傷しなければならない無念さを生産者が語っているのをテレビ放映で見ました。生産者の支援や今後の対策はと人ごとでは、ありません。経済活動へのダメージは測り知れませんし、廃業に追い込まれる生産者も出ると思われます。

 こんな事件が起こると、ヒトは生態系の頂点に立つと言えません。ウイルスは遺伝子を持っていますが、細胞はなく宿主に依存して増殖するという代物です。無駄なものは無いという考えに立つならウイルスの存在理由は何処にあるのか、さっぱりわかりません。

やさい通信5月17日号

本日の「私のやさい畑」は、下記の5品目です。

■小比企町の鈴木さん         
    レタス
    きゅうり
    スナックエンドウ
    トマト

■茨城の山本さん    
    九条ねぎ



スナックエンドウ  

5月21日は、小満です。草木が茂り満ち始めるという日です。5月も半ばというのに最低気温が9度、8度と冬の温度が続いています。テレビでは青森のりんご生産者が、りんごの花が咲かないと云っています。田植えも出来ないと報じられています。日本列島こもごも心配です。

 スナックエンドウが出ました。これは毎年楽しみにしていてくださる方が多い野菜です。筋を取って、さやごと塩ゆでします。分量にもよりますが、1分弱でゆで上がります。

 ゆで上がりましたら、すぐにざるにあげ冷まします。余熱による茹ですぎを防ぐため団扇であおいだりして、冷まします。水をかけて冷ますと水っぽくなるのでさけます。

 茹でたまま食べても、美味しいのですが、マヨネーズやドレッシングをつけて食べます。私は何もつけないで食べる派です。サラダにする場合も茹でます。サラダの他、和え物、天ぷら、煮もの、炒めも、卵とじ、汁の実など爽やかな味覚と色彩をお楽しみください。

 英語でsnapbeanと言います。さやごと食べる豆という意味です。アメリカ伝来の野菜です。


 九条ねぎ
 
 葉ねぎで、青い所を食べます。名は体を表すの通り、原産地は京都です。茨城で作っています九条ねぎです。今の時期、そばの薬味にねぎがあると助かります。

 煮もの、和え物、酢みそなどの他、パスタ、ドレッシングサラダ(茹でたねぎを使います)、チャーハン、ねぎ焼きなど幅広く使えます。こだわりのお好み焼き粉ー3週号扱いをーを使うと簡単に出来ます。

 こだわりお好み焼き粉は、発芽玄米粉と山芋を使用し、かつお粉末、昆布粉末が入っていますので、 だしを入れなくても美味しく出来ます。常備しておくと便利です。卵、水を混ぜて焼きます。

 お玉一杯分を丸くのばし、その上に小口切りしたねぎを載せ、豚バラ肉を置きます。おかかをかけ、ひっくり返して焼き、両面が焼けましたら、しょうゆを塗って、食べます。日曜日のブランチにおすすめの一品です。ホットプレートなどで自分で焼きながら熱々をどうぞ。



 新聞か何かで読みませんでしたか。日本脳卒中学会で、歯周病になると脳梗塞のリスクが増えると発表した話です。年を重ねますと歯周病の率が高くなるそうです。驚きです。正に体は繋がって動いています。歯は歯だけの病気ではありません。

 口の中をきれいにして、野菜をしっかり食べることが肝要です。野菜のことは、素人判断ですが、やはりビタミンやミネラルや繊維などを摂ることが出来る野菜は、大事だと思います。何故なら血液でみんな繋がっているからです。

 野菜の緑は、葉緑素です。血液と葉緑素の化学式はよく似ています。地球に生命体が生まれた、その時から植物に葉緑素、動物には血液が与えられて進化したのです。野菜イコール血液といっても言い過ぎではないと思います。
 たかが歯と侮ってはいけないのです。

やさい通信5月10日号

本日の「私のやさい畑」は、下記の5品目です。

   
■小比企町の鈴木さん         
    かぶ
    レタス
    きゅうり
    小松菜

きゅうり1


■茨城の山本さん    
    九条ねぎ



きゅうり  

 5月8日は、母の日です。母の日の由来は、はっきりしませんが、良く知られている話としては、アメリカで少女が亡き母に白いカーネーションを捧げた日と覚えています。

 少女の母は戦争や病気で8人の子を亡くし南北戦争で傷ついた兵士を敵味方なしに看病、平和を願って社会活動をした人だったそうです。母の追悼式に母の社会的献身活動を讃えて、娘が白いカーネーションを参列者に配ったそうです。

 母の日だけではありませんが、元の意味から外れてプレゼントを贈る日みたいになっています。これは日本の傾向かもしれませんが、バレンタインもクリスマスもそうです。平和を願った母に感謝をし、平和を願い続ける日だとしたら、素晴らしい日です。

 私にはカーネーションにまつわる悲しい思いがあります。花には何の罪もないのですが、カーネーションを見ると吐きそうになるくらい辛い出来事に耐えた過去がありました。

 何も知らない我が子達が贈ってくれるカーネーションに本当は胸がチクチクしましたが、子供達の気持に、応じられるように変化していったのは、いつの頃からでしょうか。

 過去を消し去ることは出来ませんが、過去を覆い尽くすほどの幸福があれば、過去の辛さは静かに引き出しの一番奥にしまうことが出来ます。

 母の日の由来とされる人、ジャービスさんが好んだ花がカーネーションです。平和を願った彼女を讃えて、もう一歩、私もカーネーションに対する過去を閉じこめようと決心しました。

 連休明けから、きゅうりとトマトが出始めました。出始めは何でも嬉しいですね。鈴木さんのきゅうりはブルームきゅうりです。白い粉をふく品種です。巨峰などにも見られます。

 この粉が嫌われてブルームレスきゅうりが、市場では主流になっていますが、ブルームきゅうりは皮が柔らかく、歯切れが良く美味しいきゅうりです。

 農薬と間違えられる時がありますが、自然のものなので安心してお召し上がり下さい。きゅうりから自然に出るものです。出始めの頃は、粉があまりふいていませんのでわかりにくいかも知れません。


かぶ

 春かぶの終了段階の「かぶ」です。葉は傷みが出ているのが多くなってきていますが、根はしっかりしています。春かぶ最後と思ってお召し上がりください。もちろん秋にまた収穫できます。かぶは春と秋の2度収穫できる野菜です。



 徳之島へは、行ったことがありませんが、学生の頃、徳之島から来ている人と同級生でしたので、何だか良く知っている気分です。一緒に火山島研究をした仲間です。

 その徳之島に普天間基地の一部を移転するということで、3人の町長が反対署名を鳩山総理に手渡しして、移設反対を表しました。何故、鳩山総理は、基地を廃止と言えないのでしょうか。
sidetitleプロフィールsidetitle

福富 りえこ

Author:福富 りえこ
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。