スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やさい通信

本日の「私のやさい畑」は、下記の5品目です。

       
■小比企町の鈴木さん        

     枝豆
     おくら
     ゴーヤ
     きゅうり
     ピーマン


きゅうり1





ゴーヤ  

 ゴーヤと言えば、ゴーヤチャンプルです。最近、市場でもよく見かけますが、昔は沖縄へいくか、沖縄料理の店に行かないと、なかなかお目にかかれない野菜でした。あの苦味がやみつきになる味です。暑い夏です。ゴーヤが良く似合います

 あの苦味は、モモルデシンという成分です。モモルデシンは果皮に豊富に含まれており、同じく果皮に含まれているチャランチンは共に、血糖値を下げる効果があるようです。又、ゴーヤには植物インスリンが豊富に含まれ、血糖値を安定させる効果があるそうです。

 臨床実験も行われ、糖尿病に有効だという報告もあるようです。コレステロールや中性脂肪なども低下させる効果があるとも云われており、良いこと尽くめの野菜です。苦味が苦手な方は、さっと茹でてから調理しますと苦味は減ります。

 モモルデシンはきゅうりやズッキーニにも含まれています。まだまだ暑さは続きそうです、ゴーヤを食べて暑さをのりきってください。


きゅうり

 表面に粉をふいたようになっていますが、これは表面を保護し、水分の蒸発を防ぐ物質でブルームと言います。農薬と間違えられる事もあり市場では、粉のないブルームレスが主流になっています。

 ブルームきゅうりの方が皮が柔らかく美味しいといわれています。きゅりの場合はあまり目立ちませんが、巨峰やブルーベリーなどですと粉をふいている様がよくわかります。自然に分泌されている物ですので安心してお召し上がり下さい。

 殆ど生で食べますが、中華料理などでは、炒めたりします。きゅうりを巻いた海苔巻きをかっぱ巻きと言います。何故かっぱ巻きなのかと云いますと、かっぱの好物だからという説もあります。

 かっぱは、河童と書きます。日本全国に河童伝説は散らばっています。昔、河童伝説の地を何ヶ所か尋ねたことがあります。想像上の生き物と言われていますが、絶滅種がいることを考えますと、実在していたかも知れません。は虫類か何かの仲間として。

 頭に皿があって、皿の水が乾くと死んでしまう。水掻きがあって体は緑色、亀のような甲羅が背中にあり、子供くらいの身長。伝承の中には赤河童も登場してます。

 八王子には高尾山の天狗伝説は、あっても河童伝説は聞いたことがありません。何故でしょう。河童を探求するととても深くて面白いですよ。

 川に深い淵があったり、深い沼があったりしないと河童は生息できません。しかもその水が清冽でないとお皿の水が汚染されて生きられません。河童が生きられる川を取り戻したいと思いませんか。浅川は何処も護岸工事が進み、通常では水量が少なく、湧水をふさいでしまっているので淵も見かけません。

 浅川で河童が泳いでいましたら、美味しいきゅうりを1本、お分けします。
スポンサーサイト

やさい通信7月26日号

本日の「私のやさい畑」は、下記の5品目です。

       
■小比企町の鈴木さん        
     ナス
     枝豆
     おくら
     空芯菜
     ししとう


枝豆  

 8月7日は立秋です。翌日から残暑となります。手紙の文面が、暑中お見舞いから残暑お見舞いに変わる日です。暑さの盛りです。7月19日の週の暑さは並ではありませんでした。日中の日差しは体に痛いようでした。暑さに負けずにお過ごしでしょうか。

 水分を十分取られて、スイカなどで水分補給をなさってください。17の日に三浦の嘉山さんの畑までスイカをいただきに伺いました。スイカ畑の上空をトンビが弧を書いて回っていましたが、突然降下して、何かを食べているようでした。

 嘉山さんにお聞きをしましたら、喉が乾くとトンビはスイカを食べにくるという事でした。毎年20~30個はトンビに食べられてしまうとおっしゃってました。トンビも農薬の少ないものを狙うのですね。

 21日、群馬県館林市では、38,9度を記録しました。体温が38度になったら大変です。尋常ではない気温です。吸う空気が暑かったと推察できます。当方の品揃えスタッフは、常温品を揃える時は、クーラー無しです。36度位でしたか、それでも空気が暑いと申しておりました。

 事務所も建物の構造上なのか、クーラーをかけても効きません。外気温が36度でしたら35度か34度位にしか下がりません。設定を低くしてもです。これを書いていますパソコンが熱くなり過ぎて動かなくなりました。(本当の話)スイッチを切って、団扇や扇風機の風で冷やして使いました。(本当の話)これはノートパソコンです。他はノートでなかったせいか大丈夫でした。

 暑い時には、枝豆です。八王子の畑も乾きで地割れが起きています。野菜も乾燥して収穫が難しいのも出ています。鈴木さんも暑さの初日は、体の調子が悪かったとおっしゃっています。とにかくどうにもならない暑さです。

 枝豆は大豆の未成熟豆ですから栄養たっぷりです。枝豆には、大豆にないビタミンCが含まれています。夏バテ予防に食べたい野菜です。塩ゆでのほかに、枝豆ご飯やかき揚げ、サラダ、炒めものなど茹でてから使います。


空芯菜

  茎の中が空洞になっています。東南アジアで広く栽培されている野菜で、最近日本でも栽培されるようになりました。にんにくと塩で炒めるのが一般的です。


田中さん休養に入る(先週と同じ文章です)。

 「やさい畑」創業以来お世話になっておりました館町の田中さんが、病気のため休養に入ります。とても寂しい気持で一杯ですが、早く回復をされることを祈るばかりです。きちんと治療を受ければ、必ず治る病なので、どうにか治って欲しいと思っています。
 
 治るためには本人の強い意志が、何より必要なので、「やさい畑」の会員さんは、田中さんの野菜を食べることを望んでいますので、又、必ず美味しい野菜を作ってくださると信じて待っておりますと伝えました。

本日の「私のやさい畑」は、下記の5品目です。

       
■小比企町の鈴木さん        

   ナス
   ししとう
   いんげん
   ミニトマト
   モロヘイヤ



モロヘイヤ  

 7月23日は大暑です。1年の内で最も暑い日です。7月26日は土用の丑の日です。暑い時期を乗り越えるためにウナギを食べる習慣があります。ウナギにはビタミンAやBが豊富に含まれていて夏バテ予防にもってこいの食べ物です。

 ウナギの脂肪にはEPA(エイコサペンタエン酸)が含まれています。エイコサペンタエン酸は、よく言うところの血液をサラサラにし、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし、善玉コレステロールを増やす働きがあるそうです。脳卒中や脳梗塞などの予防に良いと言われています。

 最近、輸入ウナギを国産と偽る産地偽装が、発覚しています。台湾産を愛知県産とした事件です。ウナギの偽装は毎年のようにある気がします。表示を信じて購入する人を欺く行為は許されません。

 1、3週で食べやすくカットした近藤水産のウナギを2、4週で四万十のウナギを扱っています。天然ウナギは、殆ど流通してませんので、信頼のこれらをご利用いただければ安心です。
 さて、表題のモロヘイヤです。暑いときにある葉もので嬉しい野菜です。葉と柔らかい部分の茎を食べます。おひたしにしても美味しいので毎度つい、私は、おひたしになってしまいます。

 モロヘイヤ料理といえば、細かく刻んだスープが有名です。細かく刻んだにんにくをバターで炒め水を入れ、沸騰した中に、細かく刻んだモロヘイヤを入れます。チキンコンソメを溶かし、好みで塩やコショウで味付けます。チキンコンソメは3週号で扱っています。是非、常備をおすすめします。

 他には、天ぷらや炒めものなどにしますと濃い緑がきれいです。茹でて食べやすい大きさに切ったモロヘイヤにツナフレークを混ぜてしょうゆで味付けします。サッパリして子供も喜ぶ味です。

 2週で健康フーズの4週でかもめ屋のを扱っています。4週には水煮もあります。好みにもよりますが、油漬けの油を少し入れて作った方が、美味しい気がします。


ししとう 

 煮もの、天ぷら、焼き物、炒めもの、カレー、パスタなどで食べます。天ぷらや焼き物などを調理する時は、前に竹串で何ヶ所か穴を開けておきまと破裂しないですみます。

 唐辛子といって、それ程辛くありません。ヘタを取って、半分に切りベーコンなどと炒めるとピーマン風になります。半分切りを茹でておかかをかけておひたしにしても美味しくいただけます。


田中さん休養に入る

 「やさい畑」創業以来お世話になっておりました館町の田中さんが、病気のため休養に入ります。とても寂しい気持で一杯ですが、早く回復をされることを祈るばかりです。きちんと治療を受ければ、必ず治る病なので、どうにか治って欲しいと思っています。
 
 治るためには本人の強い意志が、何より必要なので、「やさい畑」の会員さんは、田中さんの野菜を食べることを望んでいますので、又、必ず美味しい野菜を作ってくださると信じて待っておりますと伝えました。

やさい通信7月12日号

本日の「私のやさい畑」は、下記の5品目です。
   

■小比企町の鈴木さん      
     ナス
     きゅうり
     ズッキーニ
     モロヘイヤ

■館町の田中さん    
      とまと


モロヘイヤ

  7月7日は小暑でした。23日は大暑です。ここから立秋まで、最も暑い日と云われています。夏野菜出盛りといいたいところですが、厳しい状況が続いています。

 金子製麺から、天気が悪く乾麺の乾きが悪い旨、連絡が入りました。天気はこんな所にも影響を与えます。異常気象と云って済まない事象がどんどん増えています。先週も書きましたが、全くの無農薬で作っている田中さんも虫被害で困っていますが、やはり天候のせいだと思います。

 毎年、扱っています高知のお米も1週間程度遅れます。もう異常気象ではなく、異常の状態が通常の気象になったと考えた方が良いかも知れません。

 モロヘイヤです。葉を食べます。茎の堅いところは食べません。夏の貴重な葉ものです。夏は虫食いで葉ものは難しいのですが、モロヘイヤは比較的害虫に強い野菜です。

 にんにくを細かく刻みバターで炒め水を入れ沸騰させます。モロヘイヤの葉を細かく刻み、茎も堅くない所はやはり細かく刻みます。沸騰した鍋に刻んだモロヘイヤを入れ、チキンコンソメを溶かし入れます。後は好みで塩、コショウなどで味付けます。暑いときに夏バテ予防の健康スープになります。

 モロヘイヤは細かく刻むほど良いので、細かく刻むのがポイントです。チンコンソメは3週号調味料の所で扱っています。モロヘイアスープだけでなく、常備しておきますと便利です。

 その他、茹でたモロヘイヤとトマトのサラダも美味しいです。モロヘイヤとトマトは一口大に切り皿に並べ、おかかをかけます。ドレッシングは、最近始めたきび酢たまねぎドレッシングをかけて食べると、いい感じです。4週号で扱っています。あと、おひたしや和え物、天ぷら等でお召し上がりください。


ズッキーニ 

 ズッキーニの定番は、ラタトゥィユです。今日のやさいセットは、ラタトゥィユを作る材料が揃いっています。フランス南部のプロヴァンス地方の煮込み料理です。

 ナス、トマト、ズッキーニ、玉ねぎ、あればピーマンなどの夏野菜を煮込む家庭料理です。野菜は 一口大に切ります。オリーブオイルでにんにく、唐辛子、タイムやローリエ、バジルなどお好きなハーブと玉ねぎを炒めます。さっと炒まったら、オイルを足してズッキーニ、ナス、ピーマン、チキンコンソメをといたスープに塩を加え炒めます。

 最後にトマトを入れ、好みで塩、ワインで味付けをして蒸し煮にします。



 4月20日にメキシコ湾で水深1500メートルにある海底油田から暴噴が起こり、原油が流失、甚大な被害と環境汚染を引き起こしています。現在も汚染は続き解決に到っていません。

 海の汚染はもとより地球全体に与える影響が危惧されます。1500メートルもの深海で、堆積した原油を、人為的に採掘するには、よほどの安全が確立さていなければならないはずです。汚染者負担原則では、まかないきれない事故です。安全や環境より企業利益が優先された結果ではないでしょうか。

やさい通信7月5日号

本日の「私のやさい畑」は、下記の6品目です。


■小比企町の鈴木さん  
   ニラ
   空芯菜
   モロヘイヤ

■館町の田中さん   
   じゃがいも
   大葉(枝付き)

■茨城の山本さん 
   フリルレタス



暑中お見舞い申しあげます。

  7月7日は小暑です。暑さが段々強くなっていく意味を持っています。皆様に暑中お見舞い申しあげます。梅雨空で、湿気の多い暑さですが、お変わりありませんでしょうか。当方、野菜が揃わず苦慮しております。4月の低温状態の打撃の中、回復が十分とは言えずトマトなど小さめのままです。

 田中さんからいつも立派なナスが出る時期ですが、ナスやピーマンなどてんとう虫の被害でダメージを受けております。よくてんとう虫は、有機栽培の象徴に使われます。農作物につく貝殻虫やアブラ虫を食べること、農薬を撒いてないので生存出来るということから良いイメージに使われるます。それに七つ星てんとう虫は見た目が可愛い虫です。

 しかし、害虫やカビを食べて益虫となるものばかりではありません。農作物を食べて害虫となるものもいます。草食のてんとう虫は、ナスやじゃがいもの葉が大好物です。益にも害にもなるということですか。てんとう虫の種類は100を越えていると聞いています。


じゃがいも 

 じゃがいもの種類は、「とうや」です。北海道で生まれた品種で洞爺湖の「とうや」から名付けられました。淡黄色の肉質で煮崩れが少ないので煮ものやサラダに合う品種です。

 煮ものと言えば、肉じゃがです。豚バラ肉とにんじん、タマネギ、あればしらたきを醤油、みりん、ダシで煮込んだ料理です。

 
空芯菜
 
 茎の中が空洞になっている野菜です。東南アジアで多く食べられている野菜です。おすすめは、にんにく炒めです。空芯菜は、葉と茎を分けて置き、中華鍋ににんにく、唐辛子(入れなくても良い)茎を炒め酒を入れます。強火で良く炒めたら塩とチキンコンソメを入れ、葉を入れて炒めます。茎はシャキシャキしているくらいが美味しくいただけます。

 ベトナムでは一般的な料理だそうです。空芯菜だけでも一緒に豚肉を入れても、もやしなどと合わせても良くアレンジしてお召し上がり下さい。


大葉(枝付き) 

  枝付きです。枝から葉を取ってお召し上がり下さい。薬味や挟み揚げ、天ぷらなど夏ならではの食材をお楽しみください。



  7月11日は参議院選挙です。先の選挙のように盛り上がりを感じませんが、1票の力で政権交代が出来ることを実感したわけですから、これからどうするか大事な選挙だと思います。私は、平和と人権と地球環境が選ぶ主眼です。選挙公報だけでなく、インターネットでも色々知ることが出来て、情報の範囲が広がっています。

 折角の権利を放棄することなく、しっかり選挙に行きたいものです。
sidetitleプロフィールsidetitle

福富 りえこ

Author:福富 りえこ
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。