スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やさい通信4月19日号

本日の「私のやさい畑」は、下記の5品目です。
   
■小比企町の鈴木さん       
   根みつ葉
   かぶ

■館町の田中さん        
   ねぎ 
つぼみ菜

■茨城の山本さん    
フリルレタス



フリルレタス
 4月20日は穀雨(コクウ)と言います。春の雨が田畑を潤し、穀物の生長の助けをすると言う意味です。春や夏野菜の成育に欠かせない自然の恵みですが、4月の半ばに入っても真冬の気温で、生産者によっては霜対策に追われました。夏のアイスキャンディなど注文書(5月分)に入れながら、寒さに震えてました。

 茨城県つくば市の山本 昌宏さんのフリルレタスです。無農薬、無化学肥料のハウス栽培レタスです。レタス類を大別しますと、色が薄く丸まっている玉レタスと緑色で葉が開いている葉レタスがあります。

 葉レタスにも種類があり、赤色系がサニーレタス、緑色系はグリーンリーフと呼んでいます。フリルレタスはグリーンリフです。

 葉レタス類は緑黄色野菜で、カロテンやビタミン類、カリウム・ナトリウム、鉄などのミネラル類が多く含まれています。葉レタス類に多く含まれるビタミンEは体内の脂質部分の酸化を予防し老化を遅らせる働きをします。又、ビタミンA、Cとの共同作業で細胞のガン化を防ぐといわれています。

 サラダやサンドイッチ、肉巻き等に使います。フリルがあるのでおしゃれなレタスサラダになります。ハムと合わせると色合いもきれいなサラダになりますし、子供が大好きツナフレーク缶とのサラダもおすすめです。ベーコンをカリカリに焼いてトッピングしても素敵です。茹で卵もきれいです。色々サラダをお試し下さい。

 サラダだけではなく、ベーコンやハムと軽く炒めて朝食用にすれば、春の食卓を演出、出来ます。


 
根みつ葉 今回はいつもよりボリュームを持たせました。おひたしで食べるのに多めにしました。私のおすすめは、何と言ってもおひたしです。

 1本の茎に3枚の葉が付いているのでみつ葉、わかりやすい名前の野菜です。おひたしの他は、卵とじ、吸い物、酢の物、炒めもの等ですが、みつ葉自体が独特の風味と香りがあるので、シンプル料理が似合います。

かぶ

  春のかぶは柔らかく、皮ごとサラダにしても美味しくいただけます。煮ものや浅漬け、みそ汁などのほか、パスタやスープ、サラダ、ベーコンとの炒めものなど多彩にお楽しみいただける野菜です。春のかぶ秘策の食べ方は、根の部分をいちょう切りにして、味噌を付けて食べる食べ方です。

 台所で一人、お試しください。これは良いと思われましたら、食卓でお召し上がり下さい。

 巷では、野菜が高いそうです。天候不順で成育に影響が出ています。テレビ報道でキャベツが1個420円と言ってました。高騰した野菜に対応するため大手スーパーでは、野菜のセールを始めると新聞で報じられていました。野菜を変えて2割りから6割りほど価格を下げるそうです。

 この場合、セール価で仕入れるのか、スーパーがサービスするのかで、事態は違います。セール価で仕入れるとしたら、誰にしわ寄せがくるのか心配です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

福富 りえこ

Author:福富 りえこ
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。