スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やさい通信6月21日号

本日の「私のやさい畑」は、下記の6品目です

■小比企町の鈴木さん  
   ズッキーニ

■館町の田中さん   
   キャベツ
   ピーマン
   きゅうり

■茨城の山本さん   
   小松菜

■福島のすずしろ 
   スナックエンドウ  


ズッキーニ
  梅雨に入りました。八王子でも田植えは終わりました。早くに終わった高知の米は、4月、5月の低温の影響を受けて、まだ成育が遅れているそうです。特に最低気温が低かったことが大きいと連絡が入っています。平年より6日~10日遅れているようです。

 天気予報で最低気温、最高気温と並記されていますが、最低気温の影響も大きいことがわかりました。小比企の畑ももう少ししないと夏野菜が、出てきません。トマトも葉に病気が出て、力がありません。健闘したのがズッキーニです。

 鈴木農園からは、ズッキーニです。油で焼いたり炒めたりして食べます。油と相性の良い野菜で、油と結びつくことでカロテンの吸収がよくなります。ズッキーニを使った料理と言えば、ラタトゥィユです。たまねぎやトマト、ピーマンなど夏野菜をオリーブ油、にんにく、塩コショウで炒めオレガノ、トマト味で煮込む料理です。

 パスタやカレーに使っても美味しいのですが、私は5~7ミリくらいの輪切りにして、素揚げして、ゆずポン酢をかけて食べるのが好きです。ナスもあると一緒に素揚げをして食べるのですが、今日はズッキーニだけです。

 オリーブ、塩コショウで炒めたズッキーニに溶けるチーズを載せてオーブンで焼くのは、子供が喜びそうな一品です。茹でてサラダにしても美味しいと聞きましたが、これはまだ試していません。


小松菜 

 茨城県つくば市の山本昌宏さんの無農薬、無化学肥料の小松菜です。夏の小松菜は嬉しい野菜です。夏に無農薬です。少し虫食いがありますが、思ったほどありません。虫食いの多い少ないは、個人の視覚の捉え方にもより、表現が難しいので、私感的判断と読んでください。

 何故か私は、冬の小松菜料理のナンバー1は、みそ汁です。出来たての小松菜の色が緑のうちに香り高く食べるのが好きです。春~夏の小松菜のナンバー1は、油揚げとの煮びたしです。甘めに味をつけたのが好きです。皆様のナンバー1は、何でしょうか。


スナックエンドウ

 筋を取ってさやごと食べます。茹でてサラダや炒めもの、天ぷら等にします。茹でる時は、多めの熱湯に塩を加えて、ひと煮立ち茹でます。余熱による茹ですぎを防ぐため、手早くザルにあげて、団扇などでさまします。塩ゆでしたスナックエンドウは、マヨネーズなどつけても良いのですが、何も付けずに食べても美味しくいただけます。同じく無農薬、無化学肥料です。



 首相が替わっただけで、普天間問題は、そのままなのに支持率が上がったという不思議な現象が起きました。菅さんになった途端今度は、消費税発言です。今の時代に10%に上げるというのは、暴挙と言っていい程です。

 税金とは、やはり応能原則であるべきです。納税義務者の経済的能力に応じた課税がなされるべきです。所得や資産が多いほど、負担率はより大きくなるという仕組みです。しかし消費税は、食べ物や日常的に着るものまで、均一にかかります。

 生存権を確固たるものにするためには、今の消費税のあり方は、間違っています。それを10%というのも間違っています。安易に税収を上げるだけに使われては、たまりません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

福富 りえこ

Author:福富 りえこ
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。