スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やさい通信7月5日号

本日の「私のやさい畑」は、下記の6品目です。


■小比企町の鈴木さん  
   ニラ
   空芯菜
   モロヘイヤ

■館町の田中さん   
   じゃがいも
   大葉(枝付き)

■茨城の山本さん 
   フリルレタス



暑中お見舞い申しあげます。

  7月7日は小暑です。暑さが段々強くなっていく意味を持っています。皆様に暑中お見舞い申しあげます。梅雨空で、湿気の多い暑さですが、お変わりありませんでしょうか。当方、野菜が揃わず苦慮しております。4月の低温状態の打撃の中、回復が十分とは言えずトマトなど小さめのままです。

 田中さんからいつも立派なナスが出る時期ですが、ナスやピーマンなどてんとう虫の被害でダメージを受けております。よくてんとう虫は、有機栽培の象徴に使われます。農作物につく貝殻虫やアブラ虫を食べること、農薬を撒いてないので生存出来るということから良いイメージに使われるます。それに七つ星てんとう虫は見た目が可愛い虫です。

 しかし、害虫やカビを食べて益虫となるものばかりではありません。農作物を食べて害虫となるものもいます。草食のてんとう虫は、ナスやじゃがいもの葉が大好物です。益にも害にもなるということですか。てんとう虫の種類は100を越えていると聞いています。


じゃがいも 

 じゃがいもの種類は、「とうや」です。北海道で生まれた品種で洞爺湖の「とうや」から名付けられました。淡黄色の肉質で煮崩れが少ないので煮ものやサラダに合う品種です。

 煮ものと言えば、肉じゃがです。豚バラ肉とにんじん、タマネギ、あればしらたきを醤油、みりん、ダシで煮込んだ料理です。

 
空芯菜
 
 茎の中が空洞になっている野菜です。東南アジアで多く食べられている野菜です。おすすめは、にんにく炒めです。空芯菜は、葉と茎を分けて置き、中華鍋ににんにく、唐辛子(入れなくても良い)茎を炒め酒を入れます。強火で良く炒めたら塩とチキンコンソメを入れ、葉を入れて炒めます。茎はシャキシャキしているくらいが美味しくいただけます。

 ベトナムでは一般的な料理だそうです。空芯菜だけでも一緒に豚肉を入れても、もやしなどと合わせても良くアレンジしてお召し上がり下さい。


大葉(枝付き) 

  枝付きです。枝から葉を取ってお召し上がり下さい。薬味や挟み揚げ、天ぷらなど夏ならではの食材をお楽しみください。



  7月11日は参議院選挙です。先の選挙のように盛り上がりを感じませんが、1票の力で政権交代が出来ることを実感したわけですから、これからどうするか大事な選挙だと思います。私は、平和と人権と地球環境が選ぶ主眼です。選挙公報だけでなく、インターネットでも色々知ることが出来て、情報の範囲が広がっています。

 折角の権利を放棄することなく、しっかり選挙に行きたいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

福富 りえこ

Author:福富 りえこ
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。