スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やさい通信8月30日号

本日の「私のやさい畑」は、下記の5品目です。


■小比企町の鈴木さん        

  ししとう
  葉しょうが
  モロヘイヤ
  かぼちゃ

■福島の安部さん    
  
  アスパラ


アスパラ  

 福島の安部 拓さんのアスパラです。緑か紫どちらかが入ります。有機JSA認定品です。春から夏にかけてが旬です。暑いときのアスパラです。北からの風を運んで来てくれるようで、ちょっと嬉しい野菜です。

 塩ゆでや、塩焼きなど、シンプルな料理がおすすめです。サラダ、グラタン、炒めもの、天ぷらなどでお召し上がり下さい。根元の1~2センチの所が堅そうでしたら切り落としてください。根元数センチ程の部分の皮を向きますと食感が良くなります。
 
 アスパラには、アスパラから見つかったアスパラギン酸が含まれています。アスパラギン酸は、アミノ酸の一種で、疲労の原因である乳酸を分解するので、疲労回復に効果があります。

 また、アスパラギン酸には利尿作用もありますので、むくみの解消にも効果があります。暑さに疲れた体にアスパラはおすすめです。
 
 アスパラガスは、ギリシア語で、たくさん分かれるという意味があるそうです。他の野菜もそうですが、元は雑草として自生していたものです。最初に食べた人は、イタリア人だったという伝聞があります。


葉しょうが
 
 しょうがの根に茎と葉をつけて出荷される若いしょうがです。15センチほど茎を残して葉の部分を切り、茎を持って、みそをつけて食べます。これほど医食同源を感じる野菜はありません。

 食べた途端胃がホットして暖かくなります。あの香りも心を癒してくれます。

 酢と砂糖、塩で甘酢を作り、それに半日から1日ほど漬けておけば、しょうがの甘酢漬けの出来あがりです。茎が付いたまま、コップか深いビンに立てて漬け込みます。

 晩夏に出る葉しょうがです。これが出始めますと秋風を感じるのですが、鈴虫の鳴き声にも力がありません。秋は来るのでしょうか。


 この猛暑で亡くなられた方が100人を越えています。救急車で病院へ搬送された方は、3万人を越えていると報じられています。亡くなった方の大半が高齢者(65才以上)で、しかも屋内ということです。

 私は家ではクーラーをほとんど使ったことがなかったので、実は、ずっと無かったのです。数年前にいただいたのが1台リビングにあっても使うことは、ありませんでした。しかしこの暑さですと、使わずにはいられません。1台あって助かったのですが。寝室には、今もって無いのです。

 寝る前に水分を取るように、クーラーを付けるようにと広報されています。寝る前にルイボスティをコップ1杯飲むのは、通年の習慣でいいのですが、シャワーを浴びた後に、北西の窓から入る風に涼を求めて寝てしまいます。

 まだ高齢者と言われる人にはなってませんが、早く猛暑が立ち退く日を待ち望んでいます。私も野菜も果物も。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

福富 りえこ

Author:福富 りえこ
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。