スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やさい通信9月27日号

本日の「私のやさい畑」は、下記の5品目です。

■小比企町の鈴木さん    
    オクラ
    空芯菜
    きゅうり
    ししとう

■群馬県の北軽有機グループ 
    レタス


空芯菜 

 お馴染みになりました人気の野菜です。夏が旬です。今日の鈴木さんの野菜は、全部夏野菜です。秋野菜の作付けが、猛暑による水不足で遅れています。ここに来てやっと雨が降りました。

 ちょっとだけ理不尽なことを書きます。暑さが続いて雨が降らないと必ずと言っていいほど水不足が報道されていました。水位が下がって湖底が見えるようなダム湖を映しだし、水が足りないことを強調してました。これだけ雨が降らない日が続き猛暑でしたのに、今年は一度もそのような報道がありませんでした。

 畑は地割れするほど水不足、今夏の水需要は高かったと思われます。ちゃんと水はあったのです。今まで湖底が見えるほど水不足にさせたのは、行政側の放水ミスだったと云うことです。水需要の予測を立て、放水量を決めるのにミスがあって、放流し過ぎ、そのことは問題にされたことがありません。

 雨頼みのような水行政では、何のために何兆という税金を使ってダムを作ったのでしょうか。非近代的だと思わせないために、マスコミが果たした影響力の強さを感じます。マスコミ報道を絶対的に信ずる人々が多いということです。

 では、マスコミ報道は、何だったのでしょうか。それはダム建設のための布石だったのです。水が足りない、ダムが必要という世論を作り出す為だったとしか思えません。政権が変わって、新たなダムはいらないと云う政策に、行政官が反応したのだと思います。現にこれだけの猛暑にも係わらず水不足は起こりませんでした。

 節水が浸透していると思います。個々人の節水、歯を磨くとき、水を出しっぱなしにしないといった事でも1億の人が、止めれば膨大な量です。

 それと水リサイクルです。トイレに使う水は飲めるほどの水でなくてもよいのですから、企業など水道料金の節約のため水のリサイクル化が進んでいます。

 一人一人の生活パターン、髪を洗うときシャワーを出しっぱなしにしないといった小さな事が積み重なり、自然破壊や住んでいる人たちの生活圏の破壊などして、新たにダムを作らなくても良い暮らしにと変えることが出来るのです。

 空芯菜です。耳にタコですが、茎の中が空洞になっています。炒めものが一般的ですが、おひたし、和え物、天ぷら、卵とじ、鍋もの、みそ汁等などでお召し上がり下さい。

 炒めものは、にんにく炒め、豚バラと合わせる、鶏肉と合わせる、味付けもピリ辛や塩コショウなどお好みでどうぞ。


レタス

  群馬県長野原町の北軽有機グループのレタスです。殺虫剤1回散布してます。無化学肥料栽培です。相変わらず地元産の収穫量が少ない状況です。鈴木さんのきゅりは遅蒔きのきゅうりですが、例年ですと9月頭くらいから出るのですが、今年は量も少ないようです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

福富 りえこ

Author:福富 りえこ
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。