スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やさい通信2月21日号

本日の「私のやさい畑」は、下記の5品目です。
     
■ 小比企町の鈴木さん     

   ねぎ
   白菜
   春菊
   小松菜
   ほうれん草



小松菜 

 3月3日はひな祭り、女の子の成長を祈る日とされています。ひな飾りの人形は必ず男女の対です。端午の節句の飾りは、兜か武者人形一体です。鯉のぼりは両親と子どもを模写した鯉です。

 こんな事考えても仕方がありませんが、女の子は男と対になることが幸せで、男の子は強くたくましく家族の先頭を行くみたいな考えの象徴のようです。

 多様な生き方が選択出来る社会にあっても、こういう風習(いつ頃からのか詳しく知りませんが)は残って行くのでしょうか。そのうち、一人雛人形などというのが登場するかも知れません。強くたくましく生きる一人の女性人形が。

 さて小松菜です。寒い時が美味しい緑黄色野菜です。ビタミン、カルシウム、カリウム、鉄など、ほうれん草に含まれる栄養分に似ています。ビタミンB2の量は野菜の中でもトップです。

 小松菜は東京で自給率100%の野菜です。東京は小松菜の生産地なのです。炒めもの、煮びたし、おひたし、卵とじ、みそ汁の実などにして食べます。

 
ほうれん草  

 おひたし、和え物、炒めもの、鍋もの、グラタン、クリーム煮などでお召し上がり下さい。バターで炒め塩コショウで味つけるだけで美味しい一品になります。アクがあるので下茹でしてから使います。

 やはり1年中出回っていますが、ほうれん草も霜に当たると甘みが増す冬野菜です。根元の赤い部分には骨を丈夫にするマンガンが豊富に含まれていますので、よく洗って捨てないで食べることをおすすめします。



 春菊
 
 春菊は和え物、おひたし、鍋もの、炒めものなどで食べます。牛乳鍋にはなくてはならない野菜です。牛乳鍋は、シチューとちょっと違います。

 水を入れた鍋にチキンコンソメを入れ根菜野菜、にんじんやじゃがいもなどに煮ます。後で牛乳を入れますので水は少なめです。煮えましたらシメジや海鮮の具、丸友のシーフードミックスなどがおすすめですが、海鮮の具を入れ、牛乳を足して煮ます。

 塩コショウで味を調えて、シュレッドチーズを入れ最後に春菊を入れて出来上がりです。春菊の香りのする牛乳鍋の出来上がりです。

 春菊はキク科、ほうれん草はアカザ科、小松菜はアブラナ科です。

16日に「TPP食の安全が危ない」の集会に参加して賛同してきました。農業のみならず食の安全まで脅かす協定です。情報も少なく市民論議も十分でない中、関税の撤廃により潰されていく環境やサービス、医療、労働など多方面に渡る意見が出され、文化、雇用、食の安全を守り、自給率向上と持続可能な社会の構築に向けた対等で互恵の貿易関係を築くことを要望する決議をしました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

福富 りえこ

Author:福富 りえこ
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。