スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やさい通信2月28日号

本日の「私のやさい畑」は、下記の5品目です。

     
■小比企町の鈴木さん     


  大根
  里芋
  小松菜
  サンチュ
 

小松菜 

 さて3月です。冬物のコートが暑く感じられるようになってきました。卒業、入学、進級と新年度に切り替わる月です。野菜の方も植え付けの切り換え時期です。

 昨年度は気候の影響でダメージを受けた年でした。気象庁より2月24日に発表された3月~8月の予報は、平年より高いが、昨年のような猛暑にはならないということです。しかしながら暑夏であるとの予測です。梅雨の降水量は平年並ということです。

 3月6日啓蟄です。冬ごもりをしていた虫が気候が暖かくなって外に出てくる時期という意だそうです。虫と言えば最近見慣れない虫がいると聞きます。

 東南アジア方面で野菜の種子を作っていて、消毒をしてない場合、今までは温度が低かったので虫が出てくることはなかったのが、高温現象で虫が出てくるようになったそうです。種を作った地域にいる見慣れない虫となります。

 種子を消毒すれば出ないのでしょうが、種も消毒していませんと強調する所に取っては、痛し痒しです。一番良いのは種を自家採取することです。

 今、種はF1と呼ばれ、例えば一代限り収量が多くなるように改良されたものなどが多く、2代目には遺伝しません。次に同じのを作ろうと思えば、種を購入しなければならないようになっているそうです。地域で採取したものは地域の気候風土に合ったものです。それが一番良いに決まっています。
 
 露地栽培の小松菜です。東京地域では小松菜はお雑煮にも入れるなくてはならない野菜の一つです、ほうれん草より日持ちがしないので、先にお召し上がりください。

 小松菜と油揚げの煮びたし、今夜いかがですか。「やさい畑」の油揚げは油抜きをしなくても使えます。小松菜は食べやすい長さに切り、葉と茎を分けておきます。

 小松菜の茎と油揚げを炒め、だし汁を入れて、しょうゆ、酒、みりんで味をつけます。顆粒の和風だしやいりこだしでだし汁をつくります。和風だしは1週号、いりこだしは4週号で扱っています。

 煮立ちましたら葉を入れ箸で混ぜながら煮含めて出来上がりです。


サンチュ

  レタスのようにサラダでも焼肉やハムなどを巻いて食べたりしますし、レタスチャーハンなど軽く炒める料理
にも使えます。


大根
 
何度も書いてすいません。昨年の年末に収穫して凍るのを防ぐために埋め戻した大根です。表面はざらついていますが瑞々しさは変わりません。しかしこの所、陽気が暖かくなってきています。十二分に気を付けてセットいたしますが、傷みなどありましたらお手数ですがご連絡ください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

福富 りえこ

Author:福富 りえこ
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。